オルビス ユーのトライアルセットを使ってみました

オルビス ユー7日間体験セット

乾燥からくるあらゆるトラブルに!30歳を過ぎたら最初に試したい高保湿化粧品

オルビス ユー7日間体験セット

シンプルで使いやすいという口コミが多かったためオルビスユーを使っています。どのアイテムもオイルカットなのにしっかり肌が潤い、刺激もありませんでした。そこまで深い悩みはないのでこれ!といった効果はありませんが、オルビスユーのおかげで乾燥肌も落ち着いてきた気がします。そのおかげで深い肌トラブルも出ていないのかもしれませんね。

累計460万個突破!30代からのエイジングケア化粧品として人気の高いオルビスユー。独自保湿成分である濃密ウォータージェリーが常に潤いある肌を維持することで乾燥やバリア機能を改善。たるみやしわ、しみなど加齢による肌トラブルを防いでくれるのが特徴です。肌の刺激となる香料や着色料、アルコールもフリーで、保湿成分をメインに配合しているシンプルな内容も、エイジングケア初心者の30代におすすめな理由です。
980円・税込 ※初回限定・お一人様1セット1回限り
(洗顔料14g・化粧水20mL・ジェル状保湿液9g・マスク1枚・今治タオル1枚)
公式HPへ花綸肌潤

編集部いちごの感想

オルビス ユー7日間体験セットレビュー

オルビスユーはライン使いすることによってより効果が感じられると思いました。

 

ひとつひとつのアイテムはとてもシンプルな使用感ですが、スキンケアした後の肌はふっくら!たるみ毛穴も目立ちにくくなった気がします。

 

肌トラブルがかなり進行してしまった方やエイジング効果の即効性を求める50代以降の方には物足りないかもしれません。

 

なので20代後半〜30代で本格的にエイジングケアを始めたいけど、どんな風にケアしたらいいのか分からない方。またこれまで使ってきた化粧品では保湿が間に合わない・・という方にぴったりな化粧品だと思います。

【商品解説】
オルビス ユーは肌の表面だけではなく肌の奥深くまでしっかり潤いで満たすことで乾燥肌を改善し、ハリの低下やくすみなどさまざまな肌トラブルを防ぐ30代からのエイジングケア化粧品です。そしてこのオルビス ユー7日間体験セットは洗顔料、化粧水、保湿液の3ステップを約1週間お気軽に試せることができるセットです。

肌細胞まで潤いで満たす化粧品

オルビス ユー7日間体験セット特徴

30代になると肌が乾きやすく、いくら保湿しても乾燥してしまう・・。さらに肌の弾力がなくなってきたり、どんよりくすんで見えるなど20代の頃にはなかった肌悩みが次々と現れます。

 

そんな30代を中心に高い支持を受けているのが、オルビス ユーなのだそうです。

 

この化粧品最大の特徴は、肌細胞にまで潤いを届けること。

 

それによりただ保湿するだけではなく保水力も高めるため、長時間乾燥させないふっくらとした弾力のある肌に整えるのだとか。

 

また独自保湿成分の濃密ウォータージェリーが配合されているので、リッチでコクのあるテクスチャー。なのにべたつきにくい使用感も人気の理由だそうです。

 

さらにオイルやアルコール、香料など余計なものは入っていないので、敏感肌も安心して試せる点も魅力なのではないでしょうか。

 

これまでの化粧品では物足りなくなってきた方、スキンケアが追いつかないと感じ始めた30代以降の方は一度試してみたい化粧品ですね。

 

オルビス ユー7日間体験セット 32歳 乾燥肌

1.その時のアナタの肌の悩み

オルビス ユー7日間体験セット口コミ体験談

20代の頃から乾燥しやすい肌質で、普段から保湿ケアは心がけています。ただ30代になったのでエイジングケアにも力を入れたいと思っていました。

 

2.その化粧品を選んだ理由

オルビスユーはここ何年か愛用していましたが、リニューアルになったそうで少し残念・・。使い切った段階で他のブランドに変えようか悩みましたが、リニューアル前よりも好評のようでとりあえずトライアルを頼んで検討してみることにしました。

 

3.テクスチャーと使い心地・気になった点

洗顔料はクレイ配合なので濃密な泡ができますが、結構さっぱりとした洗い上がりなので好みが分かれるかもしれません。私は乾燥肌ですが洗顔はすっきりさっぱりと仕上げたいのでぴったりでした。化粧水はとろみがあり出しにくさがちょっとストレス(笑)ですが肌に伸ばすと吸い込むように馴染んでぷるぷるとした肌になります。仕上げのモイスチャーはジェルほどさっぱりし過ぎないし、クリームほど重たくない感じ。しっとりするしみずみずしいツヤ感もでます。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

リニューアルされ残念がっていましたが、実際に使ってみると新しい方が私の好み!特に化粧水はいい意味で仕上がりが軽くなったというか、程よいしっとり感になったと思います。以前はべたつくこともあったでの・・。また毛穴が心なしか小さく目立ちにくくなったような気もしました。エイジングケアシリーズですが、コスパも悪くないのでエイジングケア初心者にはちょうどいいと思います。

 

オルビス ユー7日間体験セットの各アイテム

オルビス ユー ウォッシュの効果と口コミ

毛穴汚れも皮脂も吸着!ブースター効果で化粧水の浸透性も高める洗顔料

オルビス ユー ウォッシュ

香りはありません。モロッコ溶岩クレイ配合だそうで、簡単に濃厚でもちもちな泡が作れました。このもこもこ泡が古い角質や汚れを吸着してくれている感じがします。洗い上がりはさっぱりしますがつっぱらず、肌がまっさらな状態になった感じがするので化粧水の浸透力も以前より良くなりました。

モロッコ溶岩クレイ(粘土)を配合した洗顔料。キメ細かい濃密泡が毛穴の奥まで入り込み、汚れや余分な皮脂だけを吸着してオフ。さらに潤いを肌に引き込む保湿成分が配合されているので、次に使う化粧水の浸透性や効果を高めてくれるブースターのような働きがあるのが特徴です。つっぱりにくく肌への負担が少ないので、乾燥肌や敏感肌にもぴったりな洗顔料です。
7日間体験セット980円・税込 ※初回限定・お一人様1セット1回限り
(洗顔料14g・化粧水20mL・ジェル状保湿液9g・マスク1枚・今治タオル1枚)
公式HPへ花綸肌潤

編集部いちごの感想

オルビス ユー ウォッシュレビュー

クリームみたいな軽いテクスチャーの洗顔料です。泡立ちがよくネットを使わなくてもきめ細かく、弾力のある泡が簡単にできました。

 

軽く押し当てる程度では潰れないので擦ることなく、クッションを押し当てるように洗うことができます。

 

泡切れも良く、洗い上がりはさっぱり!毛穴の汚れや毛穴にできた白いぽつぽつもしっかり落とすほど洗浄力にも優れていたのでつっぱらないか心配でしたが、乾燥はしませんでした。

 

しっとり感はあまり感じなかったものの、このさっぱり感がより化粧水の浸透を高めてくれる気がします。

【商品解説】
弾力泡で毛穴や皮脂汚れなどを吸着しながら落とし、次に使う化粧品の浸透力も高めるのがオルビス ユー ウォッシュです。

洗浄力と保湿力のバランスが魅力

オルビス ユー ウォッシュ特徴

乾燥肌の洗顔料選びで重要なのが、洗浄力と保湿力のバランスだと言われています。

 

特に30代は毛穴の汚れや古い角質によって肌がくすみ始めたり、逆に必要な皮脂や水分まで奪われることで乾燥し、シワやたるみなどを引き起こしたりととても敏感な年代です。

 

そこでオルビス ユー ウォッシュは主成分にモロッコ溶岩クレイを配合。このモロッコ溶岩クレイとは泥の一種で、汚れを吸着する洗浄成分が含まれているのだとか。

 

そのため必要以上に肌を擦ることなく毛穴につまった汚れをオフし、必要な皮脂は残すのでつっぱり感のないしっとりとした洗い上がりが特徴のようです。またクレイは泡立ちの良さも魅力で、少量でも弾力のあるきめ細かい泡をつくることができます。

 

さらにオルビス ユー ウォッシュは潤いを肌へ引き込む成分を配合しているので、次に使うスキンケア化粧品の浸透力をアップ。それにより効率よく保湿対策ができます。

 

加齢により化粧品の浸透力が低下してきた方や、保湿しても潤いが持続しにくくなった方は洗顔から見直してみるのも効果的かもしれませんね。

 

こんな少量でいいのかなと思いつつ使いましたが、非常に泡立ちが良い!泡立てネットなしでも大丈夫だと思いますが、使うと時短になります。濯ぐとつっぱりはしませんが私が今まで使ってきた洗顔石鹸の中でもさらっとした洗い上がりでした。因みに超乾燥肌質です・・。でも肌触りはモチモチとやわらかくなっているので不思議な感覚。香りなども特になくとてもシンプルなので、毎日使いやすいと思います。

敏感肌なので洗浄力が高い洗顔料は使用できませんが、オルビスユー ウォッシュは問題なく使えました。肌に優しいだけではなく、クリーミーで濃厚な泡のおかげで毛穴の汚れも奥までしっかりと洗い落とせてる気がします。ニキビなど吹き出物もできにくくなりました。でも秋冬に使うには少しさっぱりし過ぎるように感じるので、化粧水などでしっかり保湿する必要があります。

私は化粧品の香りも重要視したいので無香料なのが少し残念。ですがそれ以上に使い心地が良いのでリピートしています。まず泡立ちやすくもっちもちのキメの細かい泡が気持ちいいです。そして洗い上がりはきゅっと肌が引き締まるような感覚ですが全くつっぱらない。なので化粧水や美容液は季節によって変えていますが、洗顔は一年通してこちらを使っています。

オルビス ユー ローションの効果と口コミ

化粧水ランキング1位!高保湿なのにべたつかない超浸透とろぱしゃ化粧水

オルビス ユー ローション

とろみがあるので肌にのせるとべたつくように感じましたが、少し手で馴染ませるだけですぐに浸透し、粉を吹いていたまぶたの上や口元などもしっとりしました。翌朝もしっとり感はやや落ち着くものの、すべすべとした肌触りで思わずな割ってしまうほどです。べたつきやすい時期だけではなく、秋冬の乾燥もこれで乗り切れそうな感じがします。

@コスメ化粧水部門でも1位に輝いた新感覚のとろぱしゃ化粧水。美容液のようなコクととろみのある化粧水ですが、肌に馴染ませるとみずみずしく溶けだしすーっと浸透。さらに5秒プレスするだけで内側からふっくらとしたハリと弾力を実感できる特徴があります。保湿成分もたっぷり配合されていますがオイルフリーなので、しっかり保湿したいけどベタつきは嫌・・という方にも使いやすい化粧水です。
7日間体験セット980円・税込 ※初回限定・お一人様1セット1回限り
(洗顔料14g・化粧水20mL・ジェル状保湿液9g・マスク1枚・今治タオル1枚)
公式HPへ花綸肌潤

編集部いちごの感想

オルビス ユー ローションレビュー

少しとろみのあるテクスチャーですが、肌にのせるとパシャパシャ系のテクスチャーに変化しました。

 

ブースター効果のあるオルビス ユー ウォッシュの効果もあってか、伸ばした瞬間から肌にすーっと浸透。

 

肌の奥までしっかり入り込んでくれるため、塗付した直後はすべすべの肌触りです。そこから5秒程ハンドプレスすると、モチモチとした弾力も出てきました。

 

しっかり保湿してくれますが、軽いつけ心地なので肌質問わず使いやすい化粧水だと思います。

【商品解説】
オルビス ユー ローションは乾燥し浸透しにくくなった肌にもしっかり潤いを届け、内側からみずみずしいハリ感を与えてくれる高保湿化粧水です。

とろみがみずみずしく変化

オルビス ユー ローション特徴

高保湿化粧水特有のとろみは保湿効果を高めてくれる反面、浸透しにくくべたつきやすい・・と感じることもあるのではないでしょうか。

 

このオルビス ユー ローションもとろみとコクのある感触で、まさに水ワセリンのようなテクスチャー。しかし他の化粧水と異なるのが肌にのせた後なのだそうです。

 

肌に触れた瞬間からみずみずしい感触に変わり、肌へ溶け込むように浸透。パシャパシャと軽い感触で塗付することができます。

 

その後は必要以上にハンドプレスする必要はなく、たった5秒優しく抑え込むだけで内側から持ち上がるようなハリ感を感じられるのだとか。さらに高保湿化粧水では珍しいオイルフリーなので潤うのにべたつきにくく、メイク前も使いやすい点も魅力。

 

しっかり保湿したいけどさらっと軽いつけ心地がほしい方、ベタつきが苦手な方は一度試してみる価値ありだと思います。

 

初めはこのテクスチャーのとろみの強さと、少しのネットリ感が気になりました。ですがハンドプレスするとしっかりお肌に入り込みネットリ感はなくなります。水分をぎゅっと抱え込んでいるかのようなしっとりとしたお肌が1日続きました。また保湿が強い化粧水だと、痒くなったりピリピリしたりしてしまうことも多かったのですが、オルビスユーローションは大丈夫でした。私のようにお肌の弱い方にもおすすめしたいですね。

リニューアル前も使用しておりそちらが気にっていたので合わなかったらと心配でしたが、新しいタイプも私の肌には合っているようでした。とろみがありますが肌に伸ばすと溶けるように浸透し、まさに「とろぱしゃ化粧水」といった感じ。以前よりも浸透しやすく、みずみずしさも増したように感じます。実際に水分量を測ると上がっていたので驚きました。またここまで保湿効果が高いのにオイルフリーなところも嬉しいです。

とろみがあるのでちょっと出しにくさはあります。そこだけ唯一マイナス点かな。私は10円玉大の少量ずつを3回ばしゃばしゃ付けて最後に入りこめ〜!と念を込めてハンドプレスしています。そうすることでベタつきはないのに内側からうるっとみずみずしい肌に整いました。価格もお手頃なので、そろそろエイジングケアを始めたい方にはぴったりだと思います。

 

オルビス ユー モイスチャーの効果と口コミ

1日中もちもちつやつや!濃厚なのにふわふわで軽い新感触のジェル保湿液

オルビス ユー モイスチャー

柔らかいテクスチャーなので伸びは良いですがすぐに浸透するって感じではなかったです。ですがいつまでもべたつくわけではなく、手の平で優しくプレスすると肌が柔らかくみずみずしくなりました。クリームのような油分を求めるには物足りなさを感じますが、化粧水のあとのプラスアルファの水分補給として使うととてもよかったです。

ふんわりとやわらかい感触なのに食べると濃厚、そんなスフレチーズケーキからヒントを得てつくられたジェル状保湿液。コクがありながらみずみずしく軽いテクスチャーのジェルが、肌にぴたっと密着。化粧水で補った水分や有効成分を逃がさないようしっかりフタをし、1日中みずみずしいツヤ感ともっちりとした感触を与えてくれる特徴があります。普通のクリームとは違いこってりし過ぎないので、独特なベタつきが苦手な方にもおすすめなクリームです。
7日間体験セット980円・税込 ※初回限定・お一人様1セット1回限り
(洗顔料14g・化粧水20mL・ジェル状保湿液9g・マスク1枚・今治タオル1枚)
公式HPへ花綸肌潤

編集部いちごの感想

オルビス ユー モイスチャーレビュー

ふわっとやわらかいジェルなのでスルスルと伸ばしやすかったです。なので下から上に軽くマッサージするように馴染ませました。

 

ジェルクリームなので浸透しにくいかなっと思いましたが、以外にもしっかり浸透。しっとりして肌の奥からみずみずしくなった気がします。

 

またべたつかないので朝もすぐ化粧に移れるし、夜はハンドプレスや気になる部分に少しずつ重ね塗りできるのも嬉しい。

 

そうしておけばインナードライの私でも翌朝にも乾燥によるベタつきが起こりませんでした。

【商品解説】
オルビス ユー モイスチャーは潤いの膜をつくることで乾燥などの刺激から肌を守り、ハリやみずみずしいツヤ感を与える新感覚のジェル保湿液です。

ふわっと軽いジェルクリーム

オルビス ユー モイスチャー特徴

スキンケアの仕上げというと油分が多いこっくりとしたクリームを想像してしまいますが、このオルビス ユー モイスチャーはスフレのようにふわっと軽いテクスチャーが特徴のようです。

 

クリームというよりオールインワンのようなみずみずしさのあるジェルなので伸びも良く、薄つけでも潤いの膜を張るように密着し乾燥を防いでくれるのだとか。

 

さらにオルビス ユー モイスチャーはオイルフリー。

 

油分が配合していない分みずみずしくプルっとしたハリを感じやすく、高保湿でありながらべたつきにくいのも魅力のようです。

 

特に30代は重たいテクスチャーや過剰な油分がかえって刺激になり肌荒れを引き起こすこともあるので、この適度なさっぱり感や軽さはメリットではないでしょうか。

 

乾燥肌質だけではなく、花粉などで一時的な乾燥によりファンデーションのノリが良くない・・という方にも一度は試してみたい保湿液です。

 

洗顔料、化粧水とライン使いしています。リニューアル前から使っていますが以前よりもテクスチャーが柔らかくなり、塗りやすくなりました。クリームとは違い濃厚ながら油っぽさゼロなので、サラっと軽い使用感が気持ちいいです。オイリー肌にはペタっとするかもしれませんが・・。さらに肌が敏感になっている時期でも刺激なく使えるところも嬉しいですね。

みずみずしくてとろっとした感触の保湿液です。私的にはジェルからワセリンに変わって行くような感覚だったので、肌を潤しつつしっかり水分が逃げないようふたをしてくれるような感じがしました。さらに使い続けるほどにキメが整い、肌の表面が滑らかになります。朝に使うとメイクよれが心配でしたが、少し時間を置いてからベースメイクをするとよれることはなかったです。

初めて使った時は適量がわからず塗り過ぎたりでベトベト。しかし使っているうちに自分の肌に合う量がわかり、程よくしっとりもちっとした肌に仕上がるようになりました。ただ今までこういうタイプの化粧品はすぐに乾燥してしまう印象でしたが、このモイスチャーは翌朝もかなり調子が良く、化粧ノリがアップ。1日中みずみずしい肌をキープしてくれます。

(文:編集部ごーや)

 

30代の乾燥肌対策と化粧品選びのポイント!保湿成分

30代の乾燥肌対策のポイント!

30代の乾燥肌対策のポイントは2つあります。まず老化を防ぐエイジングケアとリンクさせて行っていくこと、それから肌への負担を考慮したうえでケアを行っていくことです。

 

30歳前後はお肌の曲がり角といわれますが、この時期に適切な乾燥肌対策を行わないと30代後半〜40代にかけて乾燥が急速に進行してしまうだけでなく、シミやシワといったトラブルも引き起こしてしまう恐れがあるのです(※参照:30代基礎化粧品の失敗しない選び方)。

30代乾燥肌は保湿成分が重要

30代乾燥肌対策

まずエイジングケアとのリンクでは減少していく保湿成分をうまく補っていくことが最大のポイントです。

 

肌の老化は30歳前後から始まるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分の減少から始まるといいます。

 

これら保湿成分が角質層から失われていくことで水分を溜め込む能力とバリア機能が低下し、乾燥だけでなく外部からの刺激に対して敏感な状態になってしまうのです。減少した分をスキンケアで補うためにも保湿成分が充実したスキンケア製品を選びましょう

 

30代前半の段階では保湿成分の減少もまだ緩やかですから、この段階でいかに外から補って乾燥の進行を防いでいけるかどうかがエイジングケアにおいても大事な鍵となるのです。

添加物に要注意

30代乾燥肌対策

もうひとつ、肌への負担を考慮したケアに関してはやはり乾燥とバリア機能の低下と深く関わってきます。老化によって乾燥が進んでいるところに刺激が強いスキンケア製品を使ってしまうと肌に負担がかかってしまいます

 

その負担が炎症やかゆみの原因となるだけでなく、老化を加速させることで乾燥の進行にも影響を及ぼしてしまいます。

 

30代前半はとくに老化の兆しが表面に表われないことから20代の頃と同じ化粧品を使い続けてしまいがちですが、もともと肌が乾燥がちの方は早い段階から30代の肌に適した製品への切り替えを検討していくようにしましょう。

 

とくにスキンケア製品に含まれている添加物が肌に負担をかけてしまいやすいので要注意です。この2つのポイントを踏まえたうえで生活習慣の改善や食生活の見直しといったスキンケア以外の対策も行っていきましょう。

 

これらも体の老化が進行していくことで肌に悪影響を及ぼしやすくなっていきますから、若い頃とは違った生活環境を意識していくことが大事です。

 

乾燥肌ではどんな保湿成分を補えばいい?

乾燥肌の方はまず肌の乾燥を防ぐことが重要です。角質層の内部で乾燥が加速していくと本来角質細胞が整然と並んでいる構造が乱れてしまい、生じた隙間から水分が蒸発していくとともに外部からの刺激が奥深くにまで侵入しやすい状況へと進行していきます。

 

そのため乾燥肌対策ではまず乾燥がもたらした角質層の構造の乱れを整え、バリア機能を修復させていくことが大事なのです。そこで重要な鍵を握るのがセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンの3大保湿成分です。

ヒト型セラミドがおすすめ

乾燥肌保湿成分

乾燥肌対策ではこの3つの保湿成分をいかにうまく補うことができるかにかかっているといっても過言ではありません。

 

とくにセラミドは細胞間脂質とも言われており、角質層において皮膚細胞を結びつける重要な役割を担っています。

 

この成分が不足すると角質層同士の結びつきが緩み、全体の構造そのものが乱れてしまうのです。なお、セラミドを取り入れる際にはいくつかのポイントがあります。

 

まずスキンケア製品に配合されているセラミドには原材料や性質によっていくつかの種類があるのでその確認が大事です。原材料による種類ではヒト型セラミドがもっとも浸透性が高く優れた効果が期待できるので意識して選んでみましょう。

低分子化された化粧品で効果的に

乾燥肌保湿成分

性質による種類ではセラミド1、セラミド3、セラミド6Uあたりが乾燥肌の改善に適しています

 

セラミド配合をセールスポイントに掲げているスキンケア製品ではこうした種類の違いも細かく書かれているので選ぶ際の判断材料にしたいものです。

 

一方ヒアルロン酸とコラーゲンは分子量が多く、そのままでは角質層に浸透しにくいという難点を抱えています。そのため低分子化など浸透性をアップさせる処方が行われているかどうかが鍵となるのでやはりチェックしておきましょう。

 

他には保湿効果と老化対策の両方を備えたプロテオグリカン、もともと肌に存在しているスクワランなどの保湿成分も合わせて取り入れていくことができれば乾燥肌対策にさらに効果が期待できるでしょう。

 

スキンケア製品選びの際にはぜひとも踏まえておきたいところです。

 

保湿成分プロテオグリカンの効果と特徴

近年もっとも注目を集めている保湿成分といっても過言ではないのがプロテオグリカン。乾燥肌向けの保湿化粧品にも配合されるケースが増えています。

圧倒的な保水力

保湿成分プロテオグリカン効果特徴

聞き馴染みがないという方も多いと思いますが、決して珍しい成分ではなく、もともと体内に存在している成分です。

 

保湿成分として注目を集めるようになった最大の要因は抜群の保水力にあります。ヒアルロン酸の1.3倍もの保水力を備えているのです。

 

ヒアルロン酸といえば自らの質量の6000倍もの水分を溜め込める保水力で知られていますが、それをも凌駕する効果を備えているのです。

 

超乾燥肌に悩まされている人はそもそも水分を保持できる能力が失われているため、外から水分を補ってもすぐに蒸発してしまい維持できないのが難点、それだけにこの抜群の保水力は魅力です。

 

もうひとつの重要な効果がターンオーバーの促進。肌の乾燥はターンオーバーと密接な関わりがあります。肌が老化するとターンオーバーが乱れがちになり、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少していきます。

保湿成分の生成を促す

保湿成分プロテオグリカン効果特徴

それだけではありません。肌の水分保持を担う重要なファクターとなる天然保湿因子(NMF)はターンオーバーの過程で作られるため、乱れてしまうと保湿力の低下ももたらします。

 

プロテオグリカンにはこの点においても効果が期待できるため、乾燥と老化という密接な関わりがある肌トラブルをトータルで改善していくことができるのです。

 

そして決定的ともいえるのがコラーゲンとヒアルロン酸の生成を促す効果です。ヒアルロン酸とコラーゲンと同様の効果を持ちつつ、それぞれの成分が体内で作られるのを促す効果も備えているのです。

 

とくにコラーゲンは外から補うよりも体内での生成を促した方が効果的と言われるだけに重要です。このように優れた長所を備えながらもこれまでは製造にコストがかかるためスキンケア製品には使用されてきませんでした。

 

しかし技術の進歩に伴いコストの軽減が実験し、日々のスキンケアに手軽に使用できる時代となりました。超乾燥肌でスキンケアを諦めかけている人にはとくにお勧めの保湿成分となるでしょう。

 

保湿成分ヒアルロン酸の効果と特徴

ヒアルロン酸はその優れた保水力で知られる保湿成分です。加齢や紫外線のダメージなどで乾燥が進んでしまっている場合、皮膚の内部の保水力が低下してしまっています。

 

そのため水分を補ってもすぐに蒸発してしまい、効果が持続しないのです。そこで保水力に優れたヒアルロン酸を補うことで皮膚が水分を溜め込みやすい状態へと導くわけです。なお、ヒアルロン酸はもともと体内に存在している成分です。

優れた保水力を持つ保湿成分

保湿成分ヒアルロン酸効果特徴

もともとヒアルロン酸はコラーゲンとの密接なかかわりの中で知られるようになりました。多くの乾燥肌向けのスキンケア製品でも両方併せて配合されています。

 

その理由にはヒアルロン酸特有の事情があります。ムコ多糖体に分類されるこの成分は単独の状態で体内に存在し続けるのが難しいのです。

 

つまりヒアルロン酸だけ摂取しても長く留まることができずに失われてしまうわけです。そこてコラーゲンと同時に摂取し、コラーゲンと結びついた状態として存在し続ける状況を作ります。

 

その保水力は驚くべきもので、自身の質量の6000倍もの水分を溜め込むことができると言われています。1グラムで6リットルの計算となりますから、これがいかにすごい数字かがわかります。

 

しかしこの成分は年齢を重ねるにつれて減少していきます。

ヒアルロン酸は加齢とともに減少

保湿成分ヒアルロン酸効果特徴

セラミドやコラーゲンといった保湿成分はみな同じ問題を抱えているのですが、ヒアルロン酸はとくにその傾向が強く、ピークはなんと赤ちゃんの頃と言われています。

 

つまり生まれた時から減少がはじまるわけです。40代の段階で赤ちゃんの半分程度にまで減少します。

 

20代くらいまでは減少が大きな問題をもたらすことはないのですが、30代も後半頃になると乾燥やシワ、たるみといった問題が出てきます。

 

この時期はちょうどセラミド、コラーゲンの減少も気になる時期ですから、トリプルパンチで乾燥が加速していくことになるのです。なお、このヒアルロン酸は分子量が大きく肌に浸透しにくいという難点も抱えています。

 

そのためこの成分が配合されているスキンケア製品を選ぶ際にはナノ化や加水分解といった粒子を細かくする工夫が施されたものを選んだ方が高い効果が期待できます。

更新履歴